生命保険 種類

生命保険にはどんな種類があるの?

生命保険には様々な種類がありますが、ベースになっているのは、定期保険、終身保険、養老保険の3つです。

この3種類の生命保険を上手に組み合わせれば、ニーズや目的に合った生命保険に仕上げていくことができます。

生命保険の加入を考えているなら、この3種類の保険のそれぞれの特徴をよく理解して、メリットやデメリットについてもよく検討する必要があります。

定期保険の特徴

定期保険は、基本的に掛け捨ての生命保険で、保険料も割安です。

この種類の生命保険は、安い保険料で大きな保障が得られるというのが特徴で、一家の大黒柱のような責任が重い人には最適な生命保険でしょう。

定期保険は、他の種類の保険に変換しやすく、その時の状況に合わせて保険を見直せるというのもメリットです。

終身保険の特徴

終身保険は一生涯保障が続くという安心の保障内容がついた種類の保険です。

この種類の生命保険は、保険料は高いものの、その分、大きな保障が得られるのが特徴です。

保険料の払込については、一定年齢か一定期間で満了するため、一生払い続けなくても、保障は一生涯受けられるというのがこの生命保険のメリットでしょう。

養老保険の特徴

養老保険は保障が付いているだけではなく、貯蓄もできる生命保険です。

死亡保障も付いている養老保険は、満期時には満期保険金も支払われるため、老後の備えにも最適な種類の生命保険です。

死亡保障も貯蓄も可能なこの種類の生命保険は、保険料が少し高めに設定されています。



PAGE TOP